【2021.9月一時帰国体験記】ベルギーから日本への一時帰国

一時帰国

2021年9月、ベルギーのブリュッセル空港からANAで成田へ一時帰国しました。

事前に友人などから情報を聞いてはいましたが、やはり子連れ帰国+隔離(移動に公共交通機関使用不可)は想像以上に大変でしたので、この場でシェアしたいと思います。

チェックイン

陰性証明書の提出が必要です。

出国前72時間以内にPCR検査を受け、医療機関または検査期間から「陰性」を証明する検査証明書を取得する必要があります。

私たちはルブラン先生のところで検査を受け、日本指定のフォームに陰性の記載をしてもらい、医療機関からの陰性証明(QRコードがついたもの)も印刷して行きました。

→ルブラン先生のサイトはこちら

\合わせて読みたい!/

【2021.9月一時帰国体験記】帰国前に準備することは?
2021年9月時点での情報です。準備する書類やPCR検査、アプリのインストールについてになります。

21:50 フライト

200人乗りの機体に、40名程度でした。

エコノミーでしたが、前がいないので子どもが蹴っても気にすることなく、別の席に移って3名席を使って少し横になることもできました。

15:50 到着

前から順番に椅子に座って書類があるのか確認がありました。

確認される用紙

  • 誓約書
  • 質問表
  • 健康カード
  • パスポート

PCR検査

検査方法は、大人は唾液採取で、唾液採取の難しい子どもも最初は唾液で頑張るよう言われますが、難しければ鼻からの採取に変更できるため安心です。(それにベルギーで行う鼻採取よりも痛くないように見えました)

受付、アプリ設定・操作確認

パスポートと書類は一式まとめてクリアファイルに入れて持ち歩きました。

場所を変え人を変え、様々な方へパスポートや書類を見せ、説明を受けるため、ファイルがないとバラバラするためあった方が良いです。※撮影禁止だったため写真はありません。

様々な方とは、多すぎて覚えきれませんでしたが、滞在国と陰性証明書の確認をする方、アプリのインストール説明をする方、アプリインストール後の携帯の設定の説明をする方、14日間の待機期間中のルール説明をする方、などです。

なかなか歩いて疲れるので、キャリーバッグでないバッグを機内持ち込みされる予定の方は、キャリーバッグに変更するなどして、体力を消耗しないようにした方が良いと思いました。なお、私たちはベビーカーに荷物を積んで運んでいました。

17:20 PCR検査結果待ち

やっと説明が終わり、一定の距離が取られた椅子に座って待ちます。

途中自販機はありましたが、お手洗いは見当たりませんでした。授乳室・オムツ替えのみの場所はありました。

18:25 PCR検査結果通知

事前に聞いていた情報よりは早く、陰性結果が通知され、出口へ向かいました。

預け入れ荷物受け取り

ここでやっと預け入れ荷物受け取りです。

オムツや抱っこ紐などを預け入れ荷物に入れてしまっていたので、待ち時間に使いそうなものは機内持ち込みにしておくことをおすすめします…^^;

出口へ

ぞろぞろと…ここでも少し待ちます。同じバスに乗る方全員揃ったら出発なのかなあと思いました。

19:15 バス出発

ビニールが敷き詰められたバスに乗ります。外からも暗幕で見えないようになっていました。

19:30 ホテル到着

私たちは、子連れか否かに関わらず東横INNでした。

夏休み期間中に一時帰国した友人(3人家族)はマロウドインターナショナルホテル成田だったと言っていたので、そのときの人数に寄るのかもしれません。

フロント前で対応する方が大勢いて、荷物運搬やホテル滞在中の説明、食事や飲み物の配布など、とてもスムーズでした。

水も2リットルを4本渡してもらえるため安心です。

19:45 部屋へ到着

ホテル内はこのようになっていて、思ったより広くて快適そう!というのが第一印象です。

 

次はホテルでの3日間滞在体験記に続きます…

【2021.9月一時帰国体験記】3日間のホテル隔離の様子
2021年9月、ベルギーのブリュッセル空港からANAで成田へ一時帰国しました。今回はそのホテルでの滞在生活についてになり...
タイトルとURLをコピーしました