【ベルギー出産準備】陣痛バッグ・入院バッグの中身は?実際に使ったものは何?

妊娠・出産

2019年11月にベルギーのサンリュック大学病院にて出産した際、自分で用意していったものや産院に置いてあったものを書いておきます。

今後、サンリュックで出産される方の参考になりますように☺*

 

病院からのパンフレット内容

本当は最初の方にもらえるのでしょうか?

私は診察の際に、写真を見せて産婦人科医に欲しいと伝えたらくれました。

内容

陣痛バッグ

母親のもの
・スリッパまたはビーサン
・歯ブラシセット、ヘアブラシ
・ゴムバンドまたはヘアクリップ
・水用ボトル
・好きな音楽のCD

赤ちゃんのもの
・パジャマ1着(肌着の上に着る服のことです)
・肌着2着
・毛布、ブランケット

書類
・母親のIDカードとサンリュックのカード
・(必要な場合)臍帯血寄付用紙
・(必要な場合)出生計画

 

入院バッグ

母親のもの
・(授乳したい場合)授乳しやすい服
・スリッパまたは軽い靴
・バスタオルとフェイスタオル
・普段のケア用品(歯ブラシ、ボディソープ、クリーム…)

赤ちゃんのもの
・パジャマ5着(肌着の上に着る服のことです)
・肌着7着
・バスタオル(不要でした)
・入浴計(不要でした)
・外出用の毛布と暖かい服

母乳の場合
・ブラジャー
・授乳用まくら
・ランシノーなどの乳頭保護クリーム(必須でした!)

その他
・ペン
・サンリュックのカード
・父母のIDカードのコピー(出生届提出時に必要です)
・出生証明(火金の午前8時から病院内にて受付)

・婚姻証明書
\取得方法はこちら/

【出産前手続き】婚姻証明書の取得方法は?
出産後の出生届を出すためには、婚姻証明書が必要です。 今回はその手続き方法について説明していきます☺* ...

 

おむつ、ベビーソープ、手ぬぐい、生理用ナプキン、使い捨てパンティーの提供あり。
電子レンジ利用可能。

 

 

実際に持っていったもの

私は計画無痛分娩のような形だったため、バッグを分けることは特に必要ありませんでしたが、陣痛バッグは出産までの間に使いました。

用意したもののうち、実際使ったものはオレンジ色にしてあります。

 

陣痛バッグ

自分のもの

下に加えて持って行ったもの
・クロックス(脱ぎ履きしやすいものがおすすめです
)

<詳細>
ハンドタオル・汗拭きシート・扇子…無痛分娩ではない方は、いきみ逃しの際に使うかもしれません。
産褥ショーツ…使い捨てのものがもらえるので使いませんでした。
ペットボトルストロー…これがないと、横になったまま動けないときに飲み物が飲めませんでした!

 

赤ちゃんのもの
・肌着2着(汚れても良いもの)
・肌着の上に着る服1着
・帽子
・ブランケット

 

 

入院バッグ

自分のもの

下に加えて持って行ったもの
・ドライヤー(産院内にはありません)
・携帯の充電器
・円座クッション
・授乳クッション
・退院時の服

<詳細>
母乳パッド…最初は使うほど母乳が出ませんでした。

産褥パッド・ショーツ…使い捨てのものがもらえるので、使いませんでした。
授乳キャミ・ブラトップ…入院中は嫌という程母乳指導があったため、面倒な服は避けたくてずっとノーブラでいました(^-^;
パジャマ…入院期間が延びると2着では足りませんが、旦那さんに家で洗濯して持ってきてもらえば足ります。
フェイスタオル…お風呂上がりのタオルとして、かさ張るのでバスタオルではなくフェイスタオルを使っていました。

 

赤ちゃんのもの
・肌着7着
・肌着の上に着る服2着(肌着だけで過ごす日もあったので足りました)
・靴下(やけに、靴下履かせて!と言われます)
・おくるみ
・帽子
・退院時のアウター

 

 

病院でもらえるもの

おしりふき

 

体温計•ヘアブラシ(ベビー用)
ヘアブラシは、ないと言ったらくれました。

 

おむつ•ベビーソープ

 

産褥パッド

 

産褥ショーツ(使い捨て)

 

 

2019年末の情報になります。少し年月が経つとまた置いてあるものも変わってくるかもしれないので、ご参考まで(*^_^*)

タイトルとURLをコピーしました