ベルギーの幼稚園の仕組みは?

ベルギー生活

ベルギーでは2歳半の誕生日を迎えたら、幼稚園にいれることができます。でも2歳半まで四六時中一緒にいるのはつらいときもありますよね。

そんな時に頼ることができる、2歳半になる前の子を預ける場所の種類を紹介します☺*

託児システム

  • クレッシュ(Crèche)
    0歳から。保育園のような託児所のような施設。市立と私立がある。

  • ファランドリーヌ(Farandolienne)
    1歳から。~3歳児は9時から12時まで。非営利団体によるプレイサークル。
    おやつ当番があり、定期的に全員分のおやつを用意する必要がある。

  • キャップ(Cap)
    1歳前から。慣れるまで永遠に慣らし保育。
    泣いたら預けて30分後に迎えにいかなければならない。

  • ベビーシッター(Baby-sitting)
    0歳から。自宅での子守り。時給制。

  • ギャルドリ(Garderie)
    0歳から。託児所。

各市役所(コミューン)のサイト

Woluwe-Saint-Pierre(ウォルウェサンピエール)

Woluwe-Saint-LAMBERT

https://fr.woluwe1200.be/famille

Kraainem(クライネム)

Garderies

Auderghem(オーデルゲム)

#Service Petite Enfance

申し込みの流れ

幼稚園は住んでる市のところにしか入れられないようですが、2歳半前の保育園・託児所は住んでる市以外のところにも申し込みできます。

私立は各自メールや電話で空き状況を確認します。(フランス語やオランダ語で問い合わせる方が返信が早いとのウワサです)

市立は市のホームページから一括で待機リストに登録します。

価格(月額)

市立:不明

私立:週3 500~600€(6~7.5万円)週5 800~900€(10~11.5万円)

意外と高いですよね…市立に入れることができたら、もう少し費用を抑えられるのだと思いますが、現地ママたちは妊娠中から待機リストに入れている方が多いようで、なかなか激戦です。

ベルギーは共働きも多いので、預けられないと仕事に復帰できない身だったら、保育園探しに必死になりますよね。。

最後に

ヨーロッパはバカンスが多く(カーニバル休暇、イースター、2ヶ月の夏休み、秋休み、クリスマス休暇…)、その時期はお休みです。

もし預けたい時期が休暇前であればすぐにお休みに入ってしまうため、休暇明けから開始にした方が良いと思います。

そして、現在妊娠中でこの記事を見ている方がいれば、預ける可能性を考慮して待機リストに名前を入れておくことをおすすめします(*^_^*)

タイトルとURLをコピーしました